『カラーミーショップ大賞2016』授賞式

0056_original

『カラーミーショップ大賞2016』にて、弊社が制作し管理運営しております kusafune online shop がジャンル賞(うつわ部門)を受賞しました!

これは全国6万店以上の中からネットショップno.1を決める今年で3回目となるコンテストで、5月13日(金)渋谷セルリアンタワー東急ホテルにて行われました授賞式にもお招きいただきました。今回は約850の店舗がエントリーされこの授賞式に招待されたのは約40店舗とのことで、奈良県内の応募では唯一の受賞となりました。

0006_original

0204_original

0009_original

0310_original

0074_original_5m

0209_original_5m

実験としてはじまったネットショップ

もともと kusafune online shop は、ウェブホームメイドのオンラインショップ自社開発の一環としてを実験的にはじまりました。

ネットショップをはじめたものの動きがなかなかない。または、これからネットショップをはじめたいけれども結果がでるのだろうか、というご不安の声は多くあります。

そこで、単にサイトを制作してできあがったのものをクライアント様にお渡しするだけでなく、その後の運営についてのアドバイスをお客様にもしっかりできるようにするにはどうすればいいか。実際にノウハウデータを集積することをはじめたのが当初の狙いでした。

ただ課題としてあったのは、ウェブホームメイドの業務の傍らで、このネットショップを運営することになるので、なるべく最低限の作業で効率よく結果をだしたい。そのためにはネットショップ運営でやるべきことに優先順位をつけて主軸に据えた作業に集中して力を入れていくことにしました。

そして、この草舟オンラインショップの場合、その主軸としたのが「商品撮影と公開作業のスピード効率」です。

kusafune-1024x1100

kusafune online shop

撮影以外についてを省エネ化する。ここではデザインを極力シンプルにすること。サイト構成として最低限で成立しているものにすること。そのことにより、中心に見せていくべき商品写真がデザインに埋もれることなく効果的に魅せれることにつながります。

同時にデザインがシンプルなだけに写真の被写体になる商品にシンプルさを補うだけの存在感も必要になってきます。これは、もともと陶器の器は、商品であるのと同時に作家の作品でもあるので、作品をシンプルに力強く魅せたいという作家の狙いとも合致して、ウェブホームメイドとしても作品を紹介しながら見せていくギャラリーサイト制作の経験につながるものになりました。

これにより商品撮影と写真現像の作業が完了するとすぐに公開できる負担の少ない更新サイクルができました。他の受賞者の方々にくらべて人員のリソースと作業工数、作業時間ともに格段にコンパクトなものになっているかと思います。そのなかで、このように省エネで3年の運用を経てきましたので、こうして受賞していただいたのはとても嬉しい結果です。

(参考エントリー)

草舟オンラインショップ
http://www.web-homemade.com/days/2014/08/草舟オンラインショップ-制作実績/

カラーミーのサービスをえらぶ理由

カラーミーショップ とは、「GMOペパボ」が運営するネットショップ構築のサービスです。

カラーミーショップ – ネットショップ運営サービス
https://shop-pro.jp/

カラーミーショップのサービスは、とにかく「自由」である印象がまず最初にあります。

特徴としては「独自ドメイン」での運用が可能であること、月額料金もとてもお安く利用しやすいものになっています。

他のネットショップサービスの例としてある楽天などの場合は、用意されたシステムのしばりに合わせて構築するイメージがありますが、カラーミーの場合は極端にいえばすでにあるサイトにカートをつけていくような着想から取り組んでサイト構築してイメージにより近いものがあります。

なので思い描くものがすでにあるのならば、それをサービス側に限定されにくい自由さがあるのがカラーミーショップの特徴であり、私自身が気にいって使ってる理由になります。豊富なテンプレートもたくさんあるので、完全にいちからはじめるような意気込みで取り組まない方法もあり用意されています。

また独自ドメインで展開できるのが他のネットショップ運営サービスとのもっとも大きな違いになるかと思います。

独自ドメインは自分を表現するブランドそのものになります。自社がやりたいことに、独自性とアピールしていきたい企業観があるのならば、カラーミーショップが欠かせない選択肢のひとつになります。

ただ、独自ドメインで展開するということはネットショップのモールの力に頼らないことになるスタンドアロンでやっていくことになるので、集客などのビジネスとしての初速は遅くなる可能性があります。カラーミーにはそれを補うように任意で出店するカラメルというショッピングモールも用意されています。

カラメル | 通販 トレンドから掘り出し物まで見つかるショッピングモール
http://calamel.jp/

ネットショップのモールはターゲットとしないお客さまも見に来てくれる可能性があり、その一方で、独自ドメインで展開のネットショップはターゲティングしたお客様のみを集客していくので最初の反応は遅いものになりますが、想定しているお客様なので、ついでで閲覧しにこられるのではなく、サイトには最初から購買意欲を高くもって来訪されることがほとんどです。これは草舟オンラインショップの運営においても特に強く感じる特徴です。

カラーミーショップで独自ドメインでネットショップをはじめることはそのぶん伸びしろがとても大きいものになります。頑張ればほぼ無限大に可能性が広がる潜在性をもっているかと思います。

Leave a Reply